Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

ノスタルジックなたたずまい「ロエベ バッグ コピー」

「ヘルツ代表:近藤によるロエベ バッグ コピー ハンドショルダー」「一見、レディースに見えてメンズも使える鞄」「柔らかくも張りのある革を使用」昔懐かしい雰囲気のある表情をした2wayハンドバッグ。ヘルツ代表の近藤が数十年前に作ったモデル。その時はレディース用のLOEWE コピーバッグが少なかったということもあり、あまり目立たない存在でしたが、時を経るにつれてその懐かしい風合いがとても魅力を増しています。

 

レディース用に作ったLOEWE コピーバッグですが、ショルダーとして肩に掛けてみると男の子が掛けても何ら違和感はありません(http://www.jkcopy.com/gallery-28-grid.html)。どこかノスタルジックな空気を感じるのは、昔に作られたモデルが今も尚、変わらずにヘルツで製作されているからでしょうか。素材も柔らかさの中に張りのある革を使っているので、ざっくばらんにラフに使うことが出来ます。

 

ボンサックをヘルツが作るとこうなります(http://www.jkcopy.com)。張りのあるしっかりとしたハードレザーは貫禄たっぷり。他にはない雰囲気のボンサックに仕上がりました。「一生付き合えるLOEWE コピー鞄」ハードレザー仕上げなので、使い始めはとにかく堅い。始めはメイン収納部へのアクセスも中々に難儀です。でも、だから少しづつ少しづつ馴染んでいく感触は、他の鞄にはないものがあります。