Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

機能性があるモンクレールダウンコート

1990年に渋カジブームで紺のブレザーが流行り、Pコートも売れた(http://www.lsqzy.com/)。金ボタンなどのものが多く、OL中心に静かなブームだった。一般的に、アウターやコートは、厳しい環境の中で仕事をする海軍の制服や軍隊のユニフォームが、機能性があり普及してきた。パンツやシャツは、仕事着からヒントを得て普及する場合が多い。カーペンタパンツなどは、大工そのもの。現在でも、軍隊の放出品が市中に流れることもあり、手に入りやすい。

 

そんな理由もあり、ロボットやハイテク技術により、戦場で過すことは稀になるモンクレール 偽物 通販。人工素材などは別にして、軍モノが流行ることはなさそうだ。ノスタルジーやレトロとして古い時代のコートやアウターがリバイバルすることはあるとは思うが。1900年代は、戦争によって多くの技術や洋服が改良されたのは事実だ。副産物として社会に貢献したのも事実。

 

2000年代は、宇宙開発などにより保温性の高い素材や軽い素材が開発され普及しそうだ(http://www.lsqzy.com/?gallery-534-grid.html)。世界の一流スポーツ選手に新商品を提供した後、改良を加えて市場に投入するスポーツアパレル。サミット(頂上)作戦と呼ぶ。人間の能力の限界に挑戦する人達によって、新素材は作られる。寒さも厚さも1枚で過せる素材が開発されるかもしれない。必要なのは、それをオシャレに作ることだと思う。あるデザイナー女史が、神戸の震災時に一番必要だったのは、オシャレなスポーツウェアだったとしみじみ語った。